カート内ご注文をみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード


会社紹介




明治35年。

初代は酒・醤油の量り売りを始めました。



昔の表町本店

(昔の表町本店)



やがて店の前に樽を構え、そこに塩で漬け込んだ漬物を並べて販売するようになりました。

ご飯とお漬物があれば、あとは何もいらないと言われていた頃。じっくりと漬け込んだ、塩味と酸味がしっかりと効いたお漬物はご飯に欠かせないものでした。



二代目は市内を中心に卸販売を展開。デパートにも出店し、小売の販売にも力を入れるようになりました。

漬物も種類が豊富になり、巧みに漬け込まれた漬物は毎日盛況。従業員が帰った後も夜遅くまで夫婦で漬け込んでいたと祖母は当時を振り返ります。



三代目は販売網を拡大。
デパートを中心にテナントを展開。また通信販売やギャラリーの開業も手がけました。
漬物は従来の塩度の高い物から、低塩でサラダ感覚の漬物へと変わっていきます。
また塩味だけでなく、少し甘みがあってコクのある味の付いた漬物が主流になりました。



現在は四代目。

先代の味を引き継いでいきながら、時代に合った美味しい物・面白い物をお客様にご提供できればと思っています。

バラ売りはじめました。

(現在 表町本店)

【企業紹介】

 株式会社 城 忠一商店の創業は、明治35年、100年以上の歴史をもちます。「城のお漬物」は、本店を中心に何世代にもわたって地域の皆様にご愛顧いただいております。

伝統を守り、産地を厳選し、本物にこだわる漬物作りにより、地元百貨店、病院、ホテルをはじめ、多くの寿司屋、割烹店にも信頼を得ております。

青果卸業も営んでいる関係上、地元では果物屋としても知られています。

漬物屋でもあり果物屋でもある当社は果物を使ったお漬物の開発も行っております。

また「京橋朝市」などの町作りのイベントや農林商工関係の行事にも積極的に参加しております。


ページトップへ