カート内ご注文をみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード


私たちのこだわり

創業以来、当店はお漬物を中心とした様々な商品を製造してきました。
四代にもわたって作り続けてきた商品の中には、昔からまったく同じ製法で作られるものもあれば、時代と共に、製造方法を代えたり、原料や味を調整しながら続いてきた物も数多くあります。
その時代に合った、より美味しいものをご提供できるよう、日々改良を続けています。

私たちは昔からの製法だから良い、機械による生産だから悪いというのではなく、その商品がもっとも生きる製法で作ることが一番であると考えています。
素材の質を見極めたり、手間をかけ細かな作業を要する為、結果それが手作業による製造が多くなっている理由なのです。

私たちは以下の点にこだわりを持って製造しています。

店長

1.素材 

かぶら剥きたて

当店の野菜や果物の多くは中央卸売市場より仕入れを行っています。
野菜や果物は気候や時期によって質や量が大きく変動する素材です。安定して良質の素材を仕入れられる点において市場は重要な意味をもっています。
また時期によって産地の出荷が終わっても別の産地から迅速に仕入れが出来る点。等級を指定して安定して仕入れられる点も大きなポイントです。
漬物は傷や変形などのB品だけを使うように思われがちですが、当店の漬物の多くは姿のまま漬ける事が多いので、傷等のなく、肉質のよい秀品を多く使用します。

また近年では農家の方や他県の卸業者からも仕入れを行っています。


市場に出回っていない、こだわって栽培された素材やまだ土の中にいた新鮮な素材をいち早く仕入れることができるのが利点です。
朝、畑から収穫された野菜を夕方には漬け込みをすることで、野菜の甘みや旨みが生きているように感じられます。
時期は限られてはきますが、できるだけ地域の素材を利用し、それを還元させていきたいと考えています。

2.製造 


製造は機械もありますが、多くは手作業による細かい作業が中心となります。

たとえば、細根は大根の間引いた小さい葉物ですが、その身1本1本を丁寧に皮を剥いていきます。
これは大変手間がかかり、また集中のいる作業ですが、皮をむくと味も食感も格段によくなります。

塩ふり一つとっても、芯の部分にどれぐらい振るのか、塩度をどのくらいにしてどのくらいの重しで漬けるのかは素材をみて微調整をしています。

3.水 


当店で製造しているお漬物にはオゾン水を使用しています。
オゾン水は強い殺菌力を持ち、殺菌、脱臭、漂白の効果があります。また主成分は水と空気。しかも残留性がなく自然分解もされやすく、肌に対しても非常に優しい殺菌水と考えられています。
主に手洗い・素材の洗浄や掃除に使用しており、また毎日工場内、冷蔵庫内をオゾンのエアで除菌をおこなっています。


4.袋詰め 

商品の姿がきれいなまま陳列されるように、袋詰も手作業で行っています。
ベテランのスタッフが詰めた白菜やかぶらは本来の姿のまま袋の中で美しく真空されます。

この作業はまさに、人の手によってのみ可能な仕事。ゆずや昆布をきちんとのせ、丁寧に仕上げていく様はまさにプロの技です。


また当店の漬物はすぐに食べていただける状態の商品を袋に詰め込んでいます。

生の野菜を液で漬けこんだだけの即席漬けとは違い、

袋そのものにも、ひと工夫。

従来の袋よりも紫外線を通しにくく、バリア性の高い袋を使用しています。保存性が従来よりもよく、より安心してご購入いただけるようにしました。

また袋の裏側は伝統的な和柄、市松を入れています。ちょっとしたところに和の遊び心が入っています。

5.開発 



お漬物は日本古来から伝わる伝統食品です。興味深いのは日本全国に様々なお漬物があり、同じ素材でもその風土によって味付けが大きく異なる点です。
基本、あらゆる野菜・果物はお漬物にすることができます。定番の白菜や大根といった馴染みのある素材のほかに、ちょっとその時期だけの独創的なものが入ると、普段の食卓がちょっと変わります。

これは何だろう?そこから会話が生まれ、食べてみてまた色々な言葉や思いが生まれることでしょう。

私たちは主食ではないけれども、日本人の食卓には無くてはならないものとして、お漬物を大事にしていきたいと思っています。またそこから新しい発見や喜びが生まれることを望んでいます。

より新しいもの・美味しい、面白いものを私たちは提案し続けていきます

重石でしっかりと漬けこんだ、漬物本来の味わいを楽しんでください。

お漬物について

野菜たっぷり!乳酸菌・食物繊維しっかり!

お漬物生活、始めませんか?

毎日の食生活にかかせない、『野菜』。しっかり採れていますか?

厚生労働省推進の「健康日本21」では、栄養・食生活の具体的目標として、1日あたりの野菜の目標摂取量を350g以上に設定しています。現代人は全年代でこの量に足りていません。

サラダで補う場合、野菜の成分は水分がほどんど。たくさんの量を食べなくてはならずなかなか大変です。

煮物や炒め物も毎日作るのはなかなか大変。そこで、お漬物はどうでしょう?

お漬物のおすすめポイント。

ー鑪爐豊富で値段が手頃

世界にはその土地々で様々なお漬物があります。その中でも日本は特に漬ける野菜も漬け方も豊富。

各県独自のお漬物があり、スーパー・デパート等で手軽に購入することができます。

基本の塩漬から、酢漬け、ぬか漬け、醤油漬けなどお好みで色々なお漬物をご利用できます。

∪弧邵擇鉾罎戞栄養価・食物繊維が豊富

サラダは色々な野菜を手軽に食べられるという点で優れていますが、野菜は成分のほとんどが水分の為、栄養素を採るにはたくさん食べる必要があります。

塩で野菜を漬けた場合はどうでしょう?塩の排水効果で野菜から水分がでてかさがぐっと減り、また食感も生にくらべやわらかく食べやすくなります。

水がでても栄養価・食物繊維は残るので、かさは減り、量をたくさん食べることができます。

J歛犬効き、自分で作ることができる。

サラダは生野菜を使用する為、どうしても日持ちしないのに比べ、塩等で漬けた野菜は水分が出るため、腐敗しにくくなります。

昔は保存食としての利用が主だったため、塩分も20%ぐらいしっかりと効かせたしょっぱい漬物が多かったですが、最近は浅漬では2〜4%と非常に低塩になっています。

50g(浅漬小鉢一皿分)のお漬物を食べた場合、1〜2g。ラーメン1杯が8〜12gですので、適量であればご飯のおかずに安心して食べていただけます。

また漬け込みに出汁や酢を使用することで、お好みでさらに塩分を抑えることもできます。

漬物は環境にやさしく、経済的でもあります。

料理で残った少量の野菜。皮や葉っぱ等の栄養素が多いけど生では食べない部分。

捨ててしまうのはもったいない。ちょっと刻んで塩でもみ、容器に入れて重しをすれば、簡単にお漬物になります。

この機会に漬物、試してみてはいかがですか?

会社紹介




明治35年。

初代は酒・醤油の量り売りを始めました。



昔の表町本店

(昔の表町本店)



やがて店の前に樽を構え、そこに塩で漬け込んだ漬物を並べて販売するようになりました。

ご飯とお漬物があれば、あとは何もいらないと言われていた頃。じっくりと漬け込んだ、塩味と酸味がしっかりと効いたお漬物はご飯に欠かせないものでした。



二代目は市内を中心に卸販売を展開。デパートにも出店し、小売の販売にも力を入れるようになりました。

漬物も種類が豊富になり、巧みに漬け込まれた漬物は毎日盛況。従業員が帰った後も夜遅くまで夫婦で漬け込んでいたと祖母は当時を振り返ります。



三代目は販売網を拡大。
デパートを中心にテナントを展開。また通信販売やギャラリーの開業も手がけました。
漬物は従来の塩度の高い物から、低塩でサラダ感覚の漬物へと変わっていきます。
また塩味だけでなく、少し甘みがあってコクのある味の付いた漬物が主流になりました。



現在は四代目。

先代の味を引き継いでいきながら、時代に合った美味しい物・面白い物をお客様にご提供できればと思っています。

バラ売りはじめました。

(現在 表町本店)

【企業紹介】

 株式会社 城 忠一商店の創業は、明治35年、100年以上の歴史をもちます。「城のお漬物」は、本店を中心に何世代にもわたって地域の皆様にご愛顧いただいております。

伝統を守り、産地を厳選し、本物にこだわる漬物作りにより、地元百貨店、病院、ホテルをはじめ、多くの寿司屋、割烹店にも信頼を得ております。

青果卸業も営んでいる関係上、地元では果物屋としても知られています。

漬物屋でもあり果物屋でもある当社は果物を使ったお漬物の開発も行っております。

また「京橋朝市」などの町作りのイベントや農林商工関係の行事にも積極的に参加しております。


実店舗のご紹介


『四代目 四季菜心 城』は岡山県内を中心に、地元の地域の皆様と共に歩んでまいります。

●直営店

【表町本店】〒700-0822 岡山市北区表町1-6-38

創業より今に続く会社の原点のお店です。

当店が取り扱う漬物の多くを扱っています。年間を通して販売しているもののほかに、季節限定のお漬物を数多く取り揃えています。

商品は漬物を中心に、味噌・佃煮・梅干などご飯にかかせないものから、市場から入荷する果物・野菜なども取り扱っています。

量販店ではあまりない、珍しい果物や野菜もお手ごろなお値段で提供しています。ジュニアベジタブルマイスターを取得した仕入人が試食をしながら、美味しいものを厳選して取り揃えています。

漬物・果物の試食もおこなっていますので、お気軽にご利用ください。

表町本店バラ売りはじめました。表町本店の夏の葡萄コーナー

大きな地図で見る

【十日市工場店】〒700-0856 岡山市北区十日市西町13-5

工場直営店。冷蔵庫からタルに漬かっている漬物をご提供。

大きな地図で見る

【天満屋福山店】

福山天満屋

大きな地図で見る

●取り扱い店

【岡山天満屋 地下食品売場】

【倉敷天満屋 地下食品売り場】

その他、道の駅・一部量販店にて取り扱っております。

(店舗によって商品の価格が異なる場合がございます。)

ページトップへ